子供さんの身長を順調に伸ばすには、「これを食べればよい」「遺伝だから、勝手に伸びるだろう」ということではありません。普段の生活に大きく関わっているのです。しかし、あまり神経質に考えることはないので、次のことを確認して、生活を改めることが大切です。

・朝食をしっかり食べていますか?栄養バランスの調った朝食を食べることで、日中、活発に動けるようになります。

・偏食をしていませんか?好き嫌いがあって、偏った食事をしていると、成長ホルモンは正常に分泌しません。肉、魚、野菜、卵、豆類、乳製品などをバランスよく食べるようにしましょう。

・夜、寝る前に甘いものを食べていませんか?夜に甘いものを食べると、血糖値が上がり、成長ホルモンの分泌を抑制してしまいます。夜にどうしてもお腹が空いた場合は、チーズや牛乳、卵、納豆などを適量食べると良いでしょう。

・よくスナック菓子や加工食品、インスタント食品を食べていませんか?これらの食品は、塩分が多かったりカロリーが高かったりしますし、体に良くない油が使われていたりします。つまり、成長にも悪影響になるということです。

・夜は遅くまで起きていませんか?成長ホルモンは、夜寝ている時に分泌されます。そのため、夜ぐっすり寝られるように、日中は充実した生活を送ることが大切です。

・適度な運動を心がけていますか?運動をすることで骨が刺激を受けて、身長の伸びに影響を与えるのです。

・肥満体型ではないですか?肥満ということは運動不足であったり、偏った食事をしていたりすると言えるので、生活を見直す必要があります。

子供さんの生活を見直してみて、改善する必要がある場合は、お父さんお母さんなどが身長を伸ばすために協力してあげてください。

子供さんの身長を伸ばすために重要な栄養素は、カルシウムや亜鉛、タンパク質などです。カルシウムは骨の主成分となり、亜鉛は成長ホルモンの分泌を促し、たんぱく質は骨や筋肉を作ります。

タンパク質は、肉や魚、豆類、乳製品、卵などに含まれています。しかし、高タンパク質のものは、脂肪も多く含まれるものが多いので、注意してください。

また、カルシウムは乳製品に多く含まれていますが、乳製品の摂りすぎは肥満につながるので、これも注意しましょう。カルシウムは、乳製品以外にも、小松菜や大根の葉などの野菜、しらすやわかめなどの海産物、納豆やそら豆などもカルシウムが多く含まれています。

亜鉛は、牛や豚のもも肉、豚レバー、牡蠣などに多く含まれています。子供さんの身長を伸ばすには、これらの食材をバランス良く使って食事を作るようにしましょう。

それでは、枝豆、まぐろ、わかめを使って作る和え物のレシピを紹介します。

鍋にお湯を沸かし、その間に枝豆を塩もみします。お湯が沸いたら塩を入れて、枝豆を3分半~4分茹でます。茹で上がったら、ザルに上げて冷まします。枝豆が十分冷めたら、食べやすい大きさに切ったまぐろとわかめと合わせて、適量のポン酢で和えたら完成です。

次は、忙しい朝にぴったりの「レバーとチーズのトースト」のレシピです。

まず、豚レバーの下処理を行います。ボウルにたっぷりの水を入れて、そこに塩を2つまみ入れます。そこにレバーを入れてもみ洗いします。レバーがきれいになったら、取り出して一口大に切ります。再びボウルでもみ洗いして、きれいになったらボウルの水を入れ替え、そこにしばらく漬けておけば、下処理は終わりです。下処理をしたレバーは、しっかり拭きます。

フライパンを熱してマーガリンを入れて溶かし、豚レバーを炒めます。塩と醤油を少々加えて味付けをして、取り出します。炒めたレバーは、ペースト状にすりつぶします。食パンにマーガリン、レバーペースト、とろけるチーズを乗せて、オーブンでこんがり焼き目がついたら出来上がりです。

子供の身長を伸ばすのに重要なのが、“成長ホルモン”です。その成長ホルモンの分泌を促す作用があるのが、シジミに含まれる「オルニチン」です。ここでは、オルニチンを摂取しやすい調理法で作る「シジミの味噌汁」を紹介します。

シジミは、冷凍するとオルニチンの量が4倍に増えるそうです。冷凍しておいたシジミは、半年は保存することができるので、砂抜きをしたシジミを小分けにして冷凍しておくと便利です。それでは、作り方です。

1、鍋に水を3と1/2カップ入れて、そこに昆布10cmを加えて火にかけます。昆布は煮立つ直前に取り出して、アクを取り除きます。

2、1が沸騰したら、冷凍のままのシジミ300gを加えます。そうすると、身が殻から簡単に取れるようになります。

3、殻が開いたら1~2分煮て火を止めます。身が殻から取れるので、殻だけを取り出します。

4、味噌60gを溶き入れてひと煮立ちさせたら、ネギを入れて出来上がりです。

成長期の子供さんがいる家庭では、身長を伸ばす効果があるシジミの味噌汁をぜひ作ってください。

また、成長ホルモンの分泌が促されると、肌に潤いを与えたり、皮膚のハリや弾力を改善させたり、脂肪を分解したりする効果もあるので、若返りを目指している女性などにもおすすめです。さらに、成長ホルモンは、傷の回復を早くしたり、病気になりにくくしたりする働きもあるので、成長期の子供さんだけでなく、どなたにも欠かせないホルモンです。

「子供の頃に筋肉をつけると、身長が伸びなくなる」と聞いたことがあると思います。成長期の激しい筋トレや無理に重たいダンベルを持つような運動は、身長が伸びなくなってしまう可能性がありますが、身長を伸ばすのに効果のある筋肉トレーニングもあります。

まず、腹筋と背筋です。これらの運動は、背筋を伸ばすために重要な筋肉です。腹筋を適度に行うと、姿勢を保つことができますし、脂肪燃焼にも効果的です。背筋のトレーニングは、仰向けに寝て、誰かに脚をおさえてもらって20回~30回程度行い行いましょう。

垂直ジャンプは、ジャンプすることで脚に成長ホルモンが行き渡ります。垂直ジャンプと同様に、小刻みにジャンプする縄跳びも足の筋力を付けて、成長ホルモンの分泌を促すのに最適な運動です。

また、意外かもしれませんが、腕立て伏せも肩幅が広がるので、身長を伸ばす効果があります。さらに、ダンベルも負荷の少ない軽量のものなら、インナーマッスルが鍛えられ、姿勢が正しい位置に保持されます。姿勢が正しくなると血行もよくなり、成長期の子供の身長を伸ばす要因にもなるのです。

筋肉トレーニングと言っても、大きな筋力を使うトレーニングは、成長期には必要ありません。そのような激しい筋トレは、身長を伸ばすには逆効果になります。ウォーキングでも良いのです。ウォーキングは、脚を常に動かすことで成長ホルモンの分泌を促し、基礎体力をつけるのに最適な運動です。

子供の頃に、思うように身長を伸ばすことができないと、身長を伸ばすためにさまざまな方法を試したくなるかもしれません。

成長期を過ぎてからも、歪んだ姿勢を改善することで、数センチの身長アップを実現することは可能です。身長を伸ばすための本やDVDも数多く販売されています。しかし、たくさんあり過ぎても、どれが自分に本当にあっているのかわからないこともあるでしょう。ここでは、気を付けた方が良いDVDを取り上げます。

まず、高額でも返金ができるから安心、という謳い文句を挙げているものは、注意しましょう。悪質な場合、返金できるといっても、返金できる条件がかなり細かく設定されていて、それを全てクリアするのが難しく、結局、効果がないまま全額支払わなくてはならない場合もあります。さらに、かなり悪質な場合、販売業者と連絡できなくなるというケースも実際あるようです。

本当に優れた商品なら、実際に使った人の口コミや体験談などで、商品に対する信頼性は高くなり、リピーターも多いので、返金保証を前面に出す必要もありません。

ただ利益を求めるだけの販売の仕方をしている業者は、消費者を上手くだまして安心させ、買わせるのです。たとえ返金されたとしても、効果のない商品を続けていた無駄な時間は取り戻せませんし、騙されたことにストレスまで溜まります。

それに、成長期の子供でない限り、一気に身長が伸びるというのはおかしい話です。過剰な謳い文句に騙されないで、信頼のできる口コミや体験談を参考にしてから、商品の購入を考えましょう。

親子でできる「肩甲骨盤連動ストレッチ」で、子供さんの身長を伸ばしましょう。

まずは、骨盤の歪みを調整して身長を伸ばすストレッチです。子供さんは力を抜いて仰向けに寝ます。パートナーは左手で子供の右足を押さえて固定し、右手で子供の左足首を持って横にゆっくりと開きます。子供さんが内ももに痛さを感じるくらいまで伸ばしていきます。これを反対側の足でも行います。

次は、脚の長さを伸ばすふくらはぎのストレッチです。子供さんは仰向けに力を抜いて寝ます。パートナーは、子供の片方の足を持ち上げて、自分の膝で固定して、子供の膝が曲がらないようにします。子供のつま先をゆっくりすねの方へ伸ばしていってください。反対の足も同じように行います。

最近の子供たちは、外で体を使って遊ぶことが少なく、体を丸めて座りっぱなしで長時間ゲームをやる子が多いです。そのような姿勢を続けていると、筋肉が緊張してしまい、身長の伸びの妨げになってしまいます。

肩甲骨盤連動ストレッチを行うことで、体が伸びるだけでなく、酸素が脳に十分に運ばれるようになるので、勉強の効率も上がったり、眠気もすっきりしたりする効果もあります。さらに、気分転換にもなるので、リラクゼーション効果やストレス解消にもなります。

また、親子で行うということで、子供さんとのコミュニケーションにも最適です。普段、親子であまり会話のない場合でも、筋肉がほぐれたら心の緊張もほぐれて、会話の糸口が自然と見つかるかもしれません。

子供の身長を伸ばすために効果的なストレッチの方法があります。それは「肩甲骨盤連動ストレッチ」というストレッチです。

肩甲骨と骨盤の周りにある筋肉など、体の成長に関わる筋肉に働きかけるストレッチです。筋肉を柔らかくすることで、身長を伸ばすことにもつながるのです。ここで紹介する肩甲骨盤連動ストレッチは、お父さんやお母さんと一緒に行えるので、親子で楽しみながら身長アップを目指してみましょう。

それでは、背中の硬さを和らげるストレッチを紹介します。パートナーとなる親はあぐらをかいて座り、子供さんはパートナーに向かい合って座ってください。パートナーは両手で子供さんの左の手首をつかみ、子供さんは両足の裏をパートナーの膝に付けます。子供さんは、背中を丸めて綱引きのように後ろに倒れます。左側から後ろに振り向く姿勢になります。その時右腕は、力を抜いて床に置きます。この動きを反対側も行ってください。

次は、全身を引っ張るお腹と胸のストレッチです。まず、親子で背中合わせになって立ちます。パートナーは、前かがみになります。子供さんは、手のひらを上に向けて伸ばします。パートナーは、子供さんの両手首をつかみ引っ張って、自分の腰の辺りに子供さんのお尻が来るように子供さんを持ち上げます。その体制のまま10秒~30秒キープして、子供さんの全身を引き伸ばすようにして、ゆっくりと下ろしてください。

子供の身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌が重要になります。そのためには、必要な栄養素が体に行き渡らないといけません。3食栄養バランスが整った食事に、早寝早起きを心がける、それを毎日続けるのが難しい場合もあるでしょう。

そんな場合には、サプリメントを活用するのも良いでしょう。それでは、子供さんにも安心して飲むことができる、身長を伸ばすためのサプリメント「スクスクカルシウム」を紹介します。

身長を伸ばすには、カルシウムをはじめとして、タンパク質やマグネシウム、亜鉛など、さまざまな栄養素をバランス良く摂取する必要があります。特に、カルシウムは、1日に1000mgも摂取する必要があります。

タンパク質やマグネシウム、亜鉛などは、食事から摂取しやすい栄養素ですが、カルシウムはなかなか食事から摂取しにくい栄養素です。スクスクカルシウムは、カルシウムの補給を重視したサプリメントです。

味もココア味なので、子供さんも飲みやすいです。飲み方は、基本的には、1日2包そのまま飲むか、水に溶かして飲むのですが、牛乳やアイスクリームなどに混ぜると、さらにおいしく飲めます。

スクスクカルシウムは、北海道産の生乳を使用した全粉乳からできています。そのため、牛乳アレルギーの子供さんは、「ユニカルカルシウム」がおすすめです。

スクスクカルシウムやユニカルカルシウムは、とても安心なサプリメントですが、基本的には、毎日の食事から必要な栄養素を摂取するのが理想的なので、最初からサプリメントに頼るのはやめましょう。

タバコは身長にも悪影響を与えます。妊娠中の喫煙は厳禁と言われますが、それはなぜかと言うと、タバコを吸うと血液中の酸素量が少なくなって、おなかの赤ちゃんに十分な酸素が送られなくなり、赤ちゃんの成長を阻害するからです。

また、タバコに含まれる有害物質を体内に入れると、細胞の増殖や成長ホルモンの分泌を阻害する原因にもなります。正常に働くはずの機能が阻害されてしまうということは、身長を伸びにも当然影響を与えます。

子供の身長を伸ばすには、栄養状況や生活習慣が大きく関係していますが、有害な物質を含んでいるタバコを体に入れるのだから、身長の伸びの妨げとなるのはわかると思います。

そのため、子供さんが近くにいる場合、そこで喫煙するのはやめましょう。タバコは、喫煙している本人は、もちろんですが、その煙を周りの人が吸う“受動喫煙”も喫煙者と同じように体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

また、当たり前のことですが、成長期の子供がタバコを喫煙するのは、絶対にいけないことです。高校生や中学生で、面白半分でタバコを吸ってしまう人がいますけど、この時期は成長期なので、成長に支障をきたしてしまいます。さらに、タバコを吸うことは、体にとっても1つも良いことはないので、身長を伸ばすことができないという理由に限らず、タバコは吸わないのが一番です。親が吸っているのなら、子供の周りでは絶対に吸わないなど、タバコと無縁の生活を心がけましょう。

子供の身長を伸ばすために、親があらゆる手を尽くそうとしても、それが逆に子供の身長の伸びに悪影響を与えてしまう場合もあります。

子供の身長を伸ばすには、規則正しい生活が大きく関わっていますが、子供にストレスがあると、逆に伸びなくなってしまいます。最近では、子供の身長の伸びを気にしすぎている親がとても多くなっています。同学年の子と比べて、自分の子供の身長が低いと、あらゆる方法を試そうとする親も増えてきています。

「牛乳を飲めば背が高くなる」と思い込んで、1日に何杯も飲ませたり、過剰にカルシウムを摂らせたり、他の子と比較したり、「背が低いのは○○のせいだ」と決めつけたり、それでは、子供に大きなストレスを与えてしまって、さらに、身長が伸びなくなってしまいます。また、子供自身も背が低いことをとても気にしていると思うので、さらにストレスになってしまうのです。

親が子供のために何か始めるのなら、子供にそのことを話して、同意を得てからにしましょう。「これなら絶対に背が伸びるから!」と強制的に勧めるのではなく、「これが良いみたいだよ」と提案する感じでさりげなく言ってみてください。また、子供が快く「うん」と返事をしない場合は、その時はやめておきましょう。親だけがやる気になっていても、子供が嫌がっているのなら、それは子供に協力しているとは言えません。

無理な方法を子供
に勧めるよりも、まずは生活習慣が乱れていないか見直すことが先です。

月別アーカイブ

DESIGNED BY